ファイナンシャルプランナーを目指す

ファイナンシャルプランナーとは

ファイナンスとは、金融、財務・財政などの意味があり、そのような計画を顧客にお届けするための資格をいいます。幅広いお金に関する分野のうち、ライフプランニングと資金計画、金融資産運用、タックスプランニング、リスク管理、不動産、相続などのあらゆるお金のエキスパートといえます。ファイナンシャルプランナーは生活に密着した分野が多いため、将来に渡って考えておきたいお金の疑問を解決することもできる資格です。そのため、自分の生活のため・キャリアップなど様々な魅力があるといえます。

ファイナンシャルプランナーの試験とは

3級・2級・1級があり、筆記試験と筆記の実技試験があります。実技試験といっても選択式の問題や計算問題などが中心となるため、何度も勉強すれば合格圏に達することが可能です。2級を受ける場合の勉強時間の目安としては、人それぞれ個人差はありますが、だいたい3〜4ヶ月勉強すれば合格を目指すことが可能といえます。また3級は入門者レベルの比較的易しい問題となり、2級は実務に欠かせないレベルの問題の出題となります。

資格の取り方と勉強方法について

資格の取り方としては独学・通信通学教育などがあります。独学のメリットしては、テキストの情報量がポイントとなりますがお金をかけずに自分のペースで勉強を行うことができる点にあります。また、通信・通学教育のメリットとしては、決まった時間に講義がある場合スケジュールが組みやすく、わからないことがあった場合に講師にすぐ質問し解決することができる点にあります。それぞれの生活のスタイルに合わせた勉強方法を選ぶことが重要といえます。

ファイナンシャルプランナーの講座は、個人講座から集団講座まで幅広くあるので、自分の学びたい方法に合わせて選択することが可能です。

by