相続税の相談と軽減方法について

相続税申告と税理士について

相続税の歴史は古く明治時代に創設されています。もともとは戦争のために戦費調達のひとつの方法として相続税が導入されています。またその課税の根拠として財産がある人に集中することを防ぐための再分配機能や被相続人が生前に売却しなかった財産に対する所得税の補完としての機能があります。相続税は現在非常に注目されており、相続税の税理士として相続税申告や相続税の相談のみを専門に扱っている税理士事務所も最近では多く出てきています。

相続税軽減と財産について

相続税を軽減するためにはいくつも方法があります。そのうちのひとつが生命保険を活用する方法です。そもそも生命保険は民法における相続財産ではありませんが、一定の場合には相続により取得したと同様の経済効果があることなどから相続税の課税対象資産としてみなされています。なぜ生命保険が相続税の軽減に役立つのかというと、生命保険のうち一定金額までの生命保険金については非課税枠が設けられているからです。したがってこの非課税枠を生かすことによって相続税を軽減することができます。

相続税軽減と債務について

また相続税を軽減するために財産に注目することも大切ではありますが、一方で債務に注目することも大切です。その理由としては、債務は課税対象である相続財産から差し引くことができるからです。したがって債務控除の対象となるものは必ず相続税の申告に反映させることが大切です。債務控除は被相続人の債務だけでなく、被相続人に係る葬式費用について相続人が負担した部分についても債務控除の対象となります。ただし墓の取得など一定のものについては控除されない債務とされています。

相続税の税理士は、相続で困ったときには相談に乗ってもらえるので便利です。相続税の税金の申告におすすめです。

by