Webデザイナーの仕事とは何をやるのか

転職希望者の多い注目の高い業界

Webデザイナーになりたいという方が増えているのですが、サイトを彩る様々なコンテンツやデザインを手掛けるWebデザイナーに憧れを抱かれるのは当然だと言えるでしょう。しかし具体的にどういった仕事を行うのかよく分からないという人が多いのも事実です。

WebデザイナーになるにはWebデザイン系の専門学校に進学するのが近道なのですが、この業界ではそういった専門学校出身者ではなくまったくの未経験者が転職することもあるのです。勿論ある程度のサイト作成の知識があるに越した事はないのですが、未経験初心者でも採用可の会社もあるようです。

Web会社の仕事の流れ

Web制作会社の仕事はまず企画を行って、サイト構成とデザインを構成を決めて、それらをWeb上に組み入れ(コーディング)して、検証、クライアントへ納品という流れになります。大ざっぱに説明しましたが、こういった流れをWeb会社のスタッフが役割を決めてそれぞれ分担して仕事を行います。

仕事の役割としては経験の浅いスタッフはコーディング作業を行い、中堅がサイト構成とデザイン作成、管理者はクライアントとの交渉やプレゼンという役割を担っています。

個人でもデザイナーとして仕事を請け負うことができる

Web作成の技術力もさることながら仕事を請け負うための交渉を行う役割も担うことになるのでデザイナーだけやっていれば良いという訳ではありません。Webデザイナーとは言っても企業に入れば営業や交渉も当たり前であり、人間関係でのストレスに煩わしさを感じてしまうこともあるのです。

そういった煩わしさが嫌な人は独立して、フリーで活躍されるのも良いでしょう。現在は仕事を仲介してくれるクラウドソーシングのシステムがあるので依頼者を探す手間が省けます。

いずれにしてもデザイナーとしての実力がある方であれば企業に属していてもフリーでも活躍できる環境にはあると言えます。

服飾の専門学校では、プロによる指導を受けることができるので、夢を叶える近道でもありとても人気があります。

by