本当に危ないの!?信用取引における損失の危険性について

信用取引は利便性が高い株取引

株取引をするに当たっては、信用取引という取引手法があることを必ず耳にします。この信用取引とは証券会社などから資金や株を借り、それを運用して利益を出す取引のことですが、取引規模を拡大できる点や売りから始められるという点から利便性が高く、本格的な株取引を志す人であれば誰もが一度は運用を考えます。一方で、信用取引には大きな危険性が潜んでおり、取引をするに当たっては細心の注意と自己責任が求められます。しかし、実際に信用取引は投資家の身を崩してしまうほどの危険性があるのでしょうか?

信用取引の損失は青天井?

信用取引における信用売りは、高く売って安く買うことで儲けが出ます。「空売り」とも呼ばれ信用取引の醍醐味とされますが、原則株価は0円より下がることは無いので現物買いの損失には下限がありますが、株価の値上がりには際限が無いため株価上昇で出る信用売りの損失は無限に拡大する可能性があると言われます。信用取引が危険であるとされる根拠の一つですが、しかしそもそも株価が際限無く上昇することなど有り得ません。むしろ下落よりも上昇の方が価格が限られることが大半なので、そうした心配は理論上の杞憂でしかありません。

追証が発生するから信用取引は怖い?

もう一つ、信用取引で怖いとされるのが「追証の発生」です。信用取引において借りた資金や株に損失が出た際、その損失額が一定以上になると早急な委託証拠金の追加入金が求められます。借金の取立てのようで恐怖感を覚える人も多いようですが、追証は信用取引を常識的な範囲で運用していればまず発生することはありません。何も考えずに無謀とも思えるような取引を行えば発生する可能性はありますが、ハイリスク・ハイリターンな信用取引においてそのような自殺行為を試みる人は、現状まず存在しないと言っても良いでしょう。

信用取引」とは、自分が持っている資金・株式等を担保として、証券会社にお金を借りて投資を行うことです。

by