本当に助かります!弁護士が活躍してくれるシーンの代表例

交通事故時にも弁護士は役に立つ

交通事故の加害者になったときにも、被害者になったときにも、とりあえず弁護士は呼んでおいたほうが良いでしょう。加害者になった場合には、罪を少しでも軽くできるようにと動いてくれます。被害者になったときには、慰謝料の額をアップさせてくれるので大変ありがたいです。相手が怖い人だった場合にも、弁護士を呼んでおけば心配はないでしょう。弁護士が本人に代わって示談の交渉までしてくれますし、面倒なことが完全になくなります。

離婚時にも大活躍してくれるのが弁護士

夫婦間の関係が悪くなって離婚をしようというケースでも、弁護士は活躍してくれる可能性が高いです。スムーズに離婚協議が進めばそれでいいのですが、親権の問題や財産分与の問題など、課題が多くて解決不可能な場合には、弁護士の力が役に立ちます。優秀な弁護士をつけておくと、より有利な条件で別れることができる場合もあるのです。特に調停にもつれ込んだときや、裁判に突入した際には、その力を存分に発揮してくれることでしょう。

痴漢冤罪で捕まりそうなとき

電車に乗っていて、急に痴漢の容疑をかけられてしまうこともあります。いわゆる冤罪というものですが、自分がやっていないということを証明できずに人生が終わる人も多いのです。弁護士を呼んでおくと、こうしたピンチも乗り切れるかもしれません。痴漢だけではなくて、他の犯罪の容疑をかけられたときにも、弁護士は役立ってくれます。何か困ったことがあればすぐに連絡できるように、顔見知りの弁護士を一人作っておくのはいいことですね。

弁護士保険とは弁護士の業務中に相手に損害を与えた場合に民事的な面で保証する保険です。かなりリーズナブルな価格で手厚い保証をします。

by